みなみ野動物病院

義肢装具外来

PROSTHETICS

診察のご案内

このようなお悩み、お抱えではないですか?
・高齢化などでペットが手術に耐えられない
・障害があるペットを歩行できるようにしたい
・手術後、患部を安定させ治癒を進めたい
・腫瘍などで足を切断しなければならないが、負担を軽くしてあげたい

これらのお悩みに対し、日本初の動物専門の義肢装具士である島田様(東洋装具医療器具製作所代表)をアドバイザーとしお招きし、その子にあったオーダーメイドの義肢装具(義足、コルセットなど)を製作させていただきます。東洋装具様ではこれまで2万件をこえる製作実績があり、当院ではカバーできない範囲をサポートいただいています。
製作は獣医師の処方を基に、東洋装具様に依頼いたします。

適用例

このような際に義肢装具が力になります。
・椎間板ヘルニア
・膝蓋骨脱臼
・頸椎骨折および脱臼
・四肢の関節炎
・ナックリングなどの神経疾患
・骨折後の癒合不全
・筋疾患
・腫瘍疾患
・頭蓋骨の部分切除や下顎骨折など
・切断後の義足
※幅広い疾患に対し有効です。ご興味ある方はお気軽にご相談ください。

受診日

当院獣医師が毎日相談にのっております。
必要に応じて島田様に製作の相談・依頼を行います。

料金

製作は1つ1つオーダーメイドにて進めます。(既製品もございます)
料金は都度ご提示させていただきます。

アドバイザーのご紹介

島田 旭緒

経歴
  • 早稲田医療専門学校義肢装具学科卒業。(人間の義肢装具士の国家資格保有)
  • 有限会社共立義肢勤務(義肢装具製作)。
  • 株式会社エニー勤務(義肢補装具製作、救急医療機器販売等)。
  • 澤動物病院にて研修(3年間)。
  • マーブル動物病院にて研修(2年間)。
  • 東洋装具医療器具製作所を創業。

専門学校時代、動物の装具の有用性を調べた際に「動物用の専門の装具がない」ことに気付く。その後人間の装具の会社に勤めていたところ、先輩の飼っていたチワワが背骨を骨折する事故に遭遇。そのチワワの手術後、獣医師がコルセットを手作りしているのを目の当たりにし、動物専門の装具への想いを強くし、その動物病院で研修を積む。紹介で別の動物病院にて研修を重ね、様々な症例に合わせた装具作りを行う。
2007年に日本初となる動物専門の装具製作・販売の東洋装具医療器具製作所を創業。

第140回多摩探検隊「動物の義肢装具士ー日本初の挑戦ー」

【Fresh Faces #209】島田旭緒(東洋装具医療器具製作所 代表)

※下記サイトでも島田様が取り上げられています。

メディアでの紹介実績(一例)

2019年5月22日
2019年5月18日
2019年5月14日
2019年4月6日
2019年3月15日
2019年2月17日
2018年11月24日
2018年5月24日
2018年3月25日
2018年3月4日
2017年12月4日
2017年9月30日
2017年11月10日
2017年8月5日
2017年7月23日
2016年4月16、23日
2016年3月17日
2015年12月
2015年11月22日
2015年12月
2011年1月21日
TOP