当院での症例のご紹介【みなみ野動物病院(八王子みなみ野)】

みなみ野動物病院

当院での症例のご紹介

消化器科

1. 前日から何回も吐き、食欲がない

診断 異物による腸閉塞
処置
異物による腸閉塞
異物による腸閉塞

レントゲン検査と超音波検査を行ったところ、消化管に異物が詰まり腸閉塞を起こしている事が分かりました。
内視鏡では届かない場所だったため、外科手術にて異物を摘出しました。異物は梅干しの種でした。

2. お尻が腫れていて、便が出にくい

診断 会陰ヘルニア
処置
会陰ヘルニア 手術前

手術前

会陰ヘルニア 手術後

手術後

去勢手術をしていない中高齢のワンちゃんは、男性ホルモンによってお尻まわりの筋肉が薄くなり、ヘルニアを引き起こす病気があります。
それにより排便困難や、排尿困難が認められ、外科手術が必要になることがあります。
人工素材埋没法(ポリプロピレン・メッシュ法)にてヘルニアの整復を行うと同時に去勢手術を実施し、必要があれば補助的処置として結腸や膀胱の固定術を行います。

3. 下痢と嘔吐を繰り返す

診断 リンパ球形質細胞性胃腸炎
処置

下痢と嘔吐を繰り返すため来院されました。
全身精査、ホルモン検査を行いましたが異常が認められなかったため、アレルギー検査と内視鏡下にて消化管の病理検査を行いました。
アレルギー検査は陰性で、内視鏡ではリンパ球形質細胞性胃腸炎と診断されました。その後、食事療法で下痢と嘔吐は改善し、今ではとても元気になっています。

歯科

1. 口臭がひどくなった

診断 歯周病
処置
歯周病 処置前

処置前

歯周病 処置後

処置後

口臭の原因は、重度の歯周病によるものと考えられました。
歯周病は放置しておくと、様々な問題を起こすことがあるため、歯石除去と、抜歯処置を行いました。
歯石の除去は歯の表面だけではなく、歯周ポケットも行わないといけないため、当院では麻酔下で実施しています。
処置後、口臭は改善し、口の痛みが取れて以前より食欲が増えました。

泌尿器科

1. 数日前から頻尿で、今朝血尿が出た

診断 膀胱結石
処置
膀胱結石 膀胱の中の石

膀胱の中の石

膀胱結石 手術で取り出した石

手術で取り出した石

レントゲン検査から、膀胱内に結石があることが分かりました。
ワンちゃんネコちゃんは、体質的な問題で膀胱に結石ができてしまう子がいます。
結石の形状がギザギザしていることから膀胱粘膜を刺激し、頻尿と血尿を引き起こしていました。膀胱結石の治療法は、結石が溶けるか経過を見る(残念ながら溶けない結石が近年増えています)食事療法か、結石を摘出する外科手術になります。

眼科

1. 右眼をショボショボさせて、床に頭をこすりつける。

診断 緑内障
処置
緑内障 義眼挿入器とシリコンボール

義眼挿入器とシリコンボール

緑内障 矢印:手術後(義眼挿入)

矢印:手術後(義眼挿入)

右眼の眼圧上昇から緑内障と診断されました。充血や涙目が認められ、疼痛によりこすったりします。
点眼などの内科療法で眼圧をコントロールできる場合もありますが、視力喪失と持続的な痛みのため、今回は外科手術が適応となり、義眼挿入術を実施しました。
眼球ごと摘出する方法もありますが、眼球内にシリコンボールを挿入することで、外観上、正常の左眼とほとんど区別がつきません。

皮膚科

1. 皮膚を痒がり、毛が抜けている

診断 膿皮症
処置
膿皮症
膿皮症

治療前の写真を見ると、皮膚は赤く変色し、円形の脱毛と黒いフケのようなものが確認されます。
これらの症状は膿皮症という皮膚の表面への細菌感染によって起こります。膿皮症を起こした皮膚は痒みがあることが多く、この写真のわんちゃんはしきりに皮膚を舐めたり、噛んだりしていました。
抗生剤と抗菌シャンプーを使って治療し、症状の改善が認められました。

整形外科

こちらのページをご覧ください

循環器科

こちらのページをご覧ください

腫瘍科

こちらのページをご覧ください

内視鏡・硬性鏡

こちらのページをご覧ください

超音波検査

こちらのページをご覧ください

TOP